じゃらしWORKS

Esper Domino

エスパードミノ : IAMAS Ubicomp+Contents Project [2009]

エスパードミノは、ブロック同士が無線ネットワークでつながっていて、物理的な接触がないのにも関わらず順番に倒れていくドミノ倒しシステムです。それぞれのブロックは、前のブロックから信号を受信すると自身を倒し、また自身が倒れたと判定すると次のブロックに信号を送る、という簡単なルールに従い、どこかのブロックを倒すことでドミノ倒しの連鎖がはじまります。最初に加えた力が、あたかも見えないエネルギーとして保存されたかのごとく自分の手を離れたところに伝わっていく様子からは、まさしく自分が超能力を持ったかのような不思議な感覚をおぼえます。その全体の関係性をながめることで見えていない部分を想像力で補完し、「見えない何か」が伝わっていく様子を感じ取ることができます。

Esupadomino the wireless network which is connected between the block system in order dominoes will fall even though there is no physical contact. Each block, killing himself and receives a signal from the previous block, sending a signal to the next block, and determines that fell himself and according to simple rules that a chain of dominoes that down the block somewhere I start. The first force is made, how we conveyed away from our hands, as if invisible as if stored energy is remembered the strange sensation as if having just one super power. The complementary part of the imagination can not see the look on the whole relationship, "see something" you can feel how we have transmitted.


Icha-Icha! Thumb Wrestling

いちゃいちゃ!ゆびずもう : IAMAS Gangu Project [2009]

いちゃいちゃ!ゆびずもうは、二人で指人形をつけて指相撲をすると、その指と指のぶつかり合いによって様々な効果音や振動のフィードバックを与え、バトルを盛り上げてくれる玩具です。この玩具はメインターゲットをカップルに設定し、勝敗にこだわるゲームというよりも指相撲という行為を通じて二人の距離を縮めるものとなることを目的としています。そのため電子玩具でありながら、雑貨のように日常生活にとけ込むように温かみのあるクラフト素材を使用し、普段はそれぞれがキーホルダーやストラップのようなアクセサリー感覚で持ち運べるものを目指して改良を続けています。「ケンカするほど仲がいい」とよく言いますが、このちょっと刺激的な「ケンカ」が、世界中のカップル達にとって素敵な「いちゃいちゃ」の時間になれば幸いです。

If not Cha Cha! Bizumouha Yu, thumb wrestling and put the puppets together, giving feedback on a variety of sound effects and vibration and finger by finger clash that will boost the battle is a toy. Couple this toy set the main targets are intended to be a closer and two in the act of thumb wrestling game rather than dwell on winning. Yet electronic toys, so use the material craft warm to blend into everyday life such as goods, usually continues to improve aims to be portable in the sense accessories such as strap or key chain each. "Intimate enough to fight" is often said, this provocative little "fight" is a lovely couple in the world for us "I should not not Cha" in time I hope.


Eye am You

IAMAS Gangu Project [2009]

Eye am Youは、目の前にいる人の目を映すメガネ型玩具です。取り付けられたカメラから取り込んだ前方の映像から、顔認識により顔の位置を特定し、ディスプレイにその顔の目の部分を映すという仕組みになっています。このメガネをかけたユーザーは近くの相手の目になることができ、周囲の人たちを驚かせ、また笑わせることができます。また、仕組みを理解した周囲の人たちは、自分で描いたイラストや漫画のキャラクターをメガネの前に持ってくることで、メガネをかけたユーザーの目を好きなように変えて楽しむことができます。

人は様々な人と出会い、その相手のなかに自分自身を投影することで自己を認識し、成長していくと言われています。そんな普段人が無意識のうちに行っている行為を、まさしく「目に見える」形でシンボリックに具現化しています。

You am Eye is a toy that reflects the glasses are in front of their eyes. Captured from the video camera mounted on the front, and locate the face by face recognition system that has the eyes of his face reflecting the display. This bespectacled users can get near the opponent's territory, surprising the people around you can laugh again. The people around you understand how, in the glasses before bringing your own illustrations and cartoon characters, you can enjoy as you like to change the user's eye glasses Masu. People who meet a variety of self-aware that projected itself among the person, is said to grow. Actions are usually performed unconsciously people do, indeed, "visible" are embodied in symbolic form.


ClapOurHands!!

Graduation Work [2008]

ClapOurHands!!は複数の演奏者が腕時計型のデバイスを両手に取り付け、ハイファイブのようにお互いの手と手を叩き合わせると、その組み合わせによって異なる音を発する演奏システムです。具体的には各演奏者の右手に音色を左手に音階をひとつだけ割り当てることができ、自分だけでは一種類の音しか出せないものの、いろんな人の手を叩き合うことで複雑なアンサンブルが可能になります。これは音楽を演奏するという行為に内在する、人とタイミングを合わせて何かをする楽しさに着目しています。そこでお互いの身体の一部を楽器演奏のインタフェースに利用し、生成される結果として音楽というよりも、演奏行為自体の楽しさをより実感できるものになっています。

実際のシステムでは、腕時計型デバイスに搭載された加速度センサーの値を無線でコンピュータに送り、その値からプログラム上で衝突判定を行い、該当する音を生成しています。

ClapOurHands!! The wristwatch device attached to his hands who play multiple hands and clapping his hands together and like each other high fives, the system emits a sound performance of different combinations. Specifically, the scale can be assigned only one left on the right tone for each player, but he could only move at your own kind of music one can beat each other by a complex ensemble hands of others be. It is inherent in the act of playing music, and focus on doing something fun time together with people. Playing an instrument used to interface with each other body parts there, rather than music that is generated as a result, it is more fun to those who feel very act of playing. In a real system, the computer sends a wireless accelerometer mounted on the wristwatch device, made from a collision on the program that is generating the appropriate sounds.


CARE

SUMSUNG Global Design Project [2009]

私たちはモノに生命力を与えるために重要なコンセプトは「気配り」ではないかと考えました。人だったらその時々に応じて、いろんなことに気を配り反応を変えるものです。例えば、身近なケータイひとつとってみても、大事な会議中に鳴って他の人迷惑をかけてしまったかと思ったら、歩いているときにマナーモードの振動に気づかず重要な連絡に気がつけなかったり。もっとケータイがユーザーのおかれている状況を的確に判断して、その状況にあった伝え方をしてくれたらいいのではないでしょうか。そのような思いから「CARE」というケータイを提案します。CAREは搭載された様々なセンサーの値を組み合わせて、ユーザーが今どんな状況におかれているかというのを判断します。そしてユーザーへの伝え方として、今までの着信音や振動以外にケータイ自身の動きという新しい要素を加えました。キーパッドの部分が肋骨のようにツイストする機構をもち、その動かし方で様々なニュアンスを表現します。

We are important concepts to life to give things the "attention" I thought not. Were from time to time depending on the person is attentive to respond to change things. For example, one cell phone to take a closer look, I did not want to inconvenience others in sounding an important meeting or noticing important to contact Tsukenakatsu feel the vibration of manners while walking mode . To determine precisely the situation that mobile users are doing more, I think of how I hope that the situation was reported. From such thoughts "CARE" suggests that the mobile phone. CARE is a combination of the various onboard sensors, that determines whether the user has now been placed in any situation. As a way to tell the user, adding new elements to move outside his mobile ring tones and vibrations so far. Rice as a mechanism to twist the keypad portion of the rib, the various nuances of how to move.


Orchestra in the Sky

空のオーケストラ : Tokyo Designer's Week 2007 [2007]

地球はオーケストラ

オーケストラとは、管楽器、弦楽器、打楽器、それぞれのパートの音が重なり一つの音楽をつくりあげるもので、どれ一つとして欠けていいパートはありません。地球においても同じことが言えるのではないでしょうか。様々な自然環境の中で、人間、他の動物、植物が互いに理解し合い、助け合って、一つの地球が成り立っている。遠く離れていても大きな一つの空の下で共鳴し合うまさに「空のオーケストラ」と言えます。

自然と触れ合うことからはじめよう

しかしながら現在の都会生活ではそれを意識することはほとんどありません。周りは人工物ばかり、耳にはヘッドホン。自分ひとりが何をしようが地球環境なんて全く変わらないと考える人が多いと感じます。そんな状況でいくらしきりにメディアが「エコ」を訴えかけても、その言葉はなかなか届きません。まずは自然と向き合うところから。自然に触れ、ああ自然っていいなぁ、素晴らしいなぁと感じることが大切だと感じ、そのはじめの一歩になるものを作ろうと考えました。

空の動き、空の音

普通楽器というものは人間が奏でるものですが、この作品では風が羽根の波を作りそれが伝わって音を鳴らします。自然の風によるゆらぎを目で見て耳で聴くことで、普段なかなか意識されない周りの自然環境、そして空でつながったあらゆる生物との共生を感じることができればと思います。

Earth Orchestra And orchestra, brass, strings and percussion, which overlap one elaboration of the sound of music for each part, which is one part missing is not good. I think the same is true in the earth. In a variety of natural, human, other animals, plants mutually understand each other, help each other, one that made the earth. Resonance in each other just one big empty, even remotely, "empty orchestra" and said. Start with contact with nature However, in current urban life that is rarely aware of it. Artifacts around her, ear headphones. Many people feel anything about global environmental change and what to do on your own. How much media is constantly in such a situation "eco" but to appeal, his words are hard to reach. At first face from nature. Natural touch, Oh I hope I naturally felt it was important to feel great Naa, what I thought would make the first step in it. Movement of the sky, the sound of air One of the instruments are played by ordinary people, in this work makes it emits sound waves is transmitted like a feather. The eyes of the ear to listen to the fluctuation of natural wind, the surrounding natural environment is not usually quite aware, I hope you feel led in harmony with all life and the sky.


YAMAHA NAMBA

ヤマハなんばセンターアートワーク [2009,2010]

あいうえお

abcde


ISHOUTEN

意匠展アートワーク [2008]

「意匠展」は千葉大学工学部デザイン工学科意匠系の卒業制作展で、2008年度のテーマは「爆発」。4年間の学生生活で、エネルギーを充填してきた爆弾は爆発寸前です。「意匠展」はそんなたまったエネルギー解放し、メンバーそれぞれのフィールドへと躍進していく、起爆のための展示会と捉えました。それをふまえたポスター・ビラ・DMにいたるまで印刷物に関わる全てのデザインを担当しました。

"Exhibition design" is based on a design graduate exhibition Design Engineering, Chiba University, the 2008 theme is "explode." In four years of school life, has been filled with energy bomb is just as explosive. "Exhibition design" is such a buildup of energy release, we have risen to each member field, and caught the exhibition for detonation. DM was responsible for that flyer Fumaeta poster design through to print all involved.


Chiba Univercity Mandolin Club

千葉大学マンドリンクラブアートワーク [2005-2008]

「千葉大学マンドリンクラブ」は、部員約50名の音楽系サークルで、マンドリン、マンドラ、マンドチェロ、ギター、コントラバスからなるマンドリンオーケストラとして主に年2回の演奏会を行っています。奏者として在籍するだけでなく、これらの演奏会の際には告知用のポスター、チケット、パンフレット等印刷物のデザインを担当しました。

"Mandolin Club Chiba", a circle of about 50 staff based music, mandolin, mandola, Mandochero, guitar, concerts are performed twice a year consisting of primarily as a bass mandolin. In addition to attending as a player, during the concert posters for these announcements, tickets, brochures and other printed matter was responsible for design.